2018年10月26日金曜日

秋の夜長のお楽しみ

・・・と言えば、やっぱり読書です!

夫は映像派なのでスポーツ中継や映画を、目と音で楽しんでいますが、私は1人静かに本を読むのが好き。

静かな部屋の暖かい布団の中で活字を追い、いよいよになったら本を閉じ5分で眠ってしまいます。

今週、読んだ本。

今週は大好きな伊藤比呂美さん  『父の生きる』 『閉経記』 2冊を読みました。

どちらも数回読んでいるのですが、やっぱり、いろいろ考えさせられました。

『閉経記』は、婦人公論に連載中は【漢(おんな)である】というタイトルでした。

漢→→男の中の男 と思いますが、女の中の女 \(゜▽゜)/

あとがきに、おばさん世代の正義心・行動力・人生に対する覚悟と矜持をあらわしたとあります。

その通り!!

まだ読んでいないおばさん世代の皆さん、ぜひお勧めします。

読んだ後、いざという時に頼れるおばさん、信念を持ったおばさんになりたいと強く思うのでした。

この記事にコメントを投稿する

コメントを入力して「投稿する」ボタンを押してください。

■名前
■Eメールアドレス(管理人にのみ公開されます)
■あなたのサイトのURL
■コメント(※必須)